印旛沼の水質
水質汚濁状況

流入河川および印旛沼水質の経年変化

【流入河川】(③~⑪)
・ CODについては、長門川以外は昨年度と比べて上昇しています。
・ T-Nについては、昨年度と比べるとほとんどの河川で横ばいですが、2000年度頃と比べると、鹿島川や高崎川、神崎川などで上昇しています。
・ T-Pについては、全体的に横ばいです。
【印旛沼】(①、②)
・ 西沼、北沼ともに、COD、T-N、T-P濃度は昨年度に比べて若干増加しています。

 

【印旛沼】(①、②)

【流入河川】(③~⑪)

 

流域河川の水質分布の変化

(1)COD

・2002年度時点では濃度が高かった高崎川上流や桑納の上流部で改善が見られます。
 

河川水質COD年平均値の変化と排出負荷量の比較

2002年度 2010年度
河川水質COD年平均値の変化
(一部の地点でBODの値を使用)

 

(2)全窒素(T-N)

・鹿島川や高崎川、桑納川などでは、特に上流部で高い濃度のままとなっています。
 

鹿島川流域のT-N排出負荷量の変化

2002年度 2010年度
河川水質T-N年平均値の変化

 

(3)全りん(T-P)

・2002年度と比べて、神崎川等で改善が見られますが、高崎川や桑納川の上流部では高い濃度のままとなっています。
 

神埼川流域のT-P排出負荷量の変化 

2002年度 2010年度

河川水質T-P年平均値の変化

 

 


第2期行動計画策定特設ページ
 健全化計画・行動計画
 パブリックコメント
 市民意見交換会
 印旛沼環境基金公開講座

本サイトについて

ご意見

用語解説

リンク集

サイトマップ
↑ページトップへ