印旛沼の水質
水質の変化

流域の人口増加に対して、下水道整備などの水質保全対策が講じられ、沼に流入する水の汚れ(汚濁負荷)は減少しました。しかし、沼の水質(COD)は常に10mg/L前後で推移しており、依然として汚濁した状況にあります。また、水質環境基準(3.0mg/L)も達成されていません。

流域人口、水生植物、水質の変化

※出典:流域人口、下水道処理人口、下水道水洗化人口、汚濁負荷量:千葉県データ
※湖沼水質保全特別措置法で定められた指定湖沼地域内での統計値であるため、栄町は含まれていない
※沼水質(COD):上水道取水口下地点(西印旛沼)、年間平均値水生植物種類数:笠井氏らの調査による、「千葉県の自然誌 本編5」を基に作成

 

 


はじめに

第2期行動計画策定特設ページ
 健全化計画・行動計画
 パブリックコメント
 市民意見交換会
 印旛沼環境基金公開講座

本サイトについて

ご意見

用語解説

リンク集

サイトマップ
↑ページトップへ