印旛沼の今むかし
水収支の変化
 土地の被覆状態の変化などにより、雨水が地下に浸透しにくくなり、湧水が減っています。また、表面流出(雨水が地下浸透せずに地表面を流れること)が増加しています。表面流出は道路冠水や住宅の浸水等の水害を引き起こします。

【1965(昭和40)年頃】 単位(mm/年)

※降雨量は2003年のデータを使用


【2007(平成19)年】 単位(mm年)

※降雨量は2003年のデータを使用


第2期行動計画策定特設ページ
 健全化計画・行動計画
 パブリックコメント
 市民意見交換会
 印旛沼環境基金公開講座

本サイトについて

ご意見

用語解説

リンク集

サイトマップ
↑ページトップへ