印旛沼の今むかし
水風景・水文化の変化
 かつて、人々は小川や湧水、印旛沼と共に生きてきました。河川・水路整備や印旛沼の築堤、貯水池化等は、水害被害軽減、水田拡大、水源充実などの恩恵をもたらしましたが、一方で一部観光スポットを除いて水辺に近づく人は少なくなり、人と水との関係は希薄になっています。
【過去】 
 
【現在】
渡し舟
渡し舟

人々の日常に利用されていた
(佐倉市臼井付近/昭和30~40年代)
  佐倉ふるさと広場
佐倉ふるさと広場

オランダの風車と広いチューリップ畑で知られ、
印旛沼観光のメインスポット
 
  
 
お浜降り   鹿島川上流部
鹿島川上流部

直線化された水路
 
お浜降り
麻賀多神社(成田市)の夏の祭礼
   
 
  
 
モク取り
モク取り

沼のモク(水草)を採って、肥料としていた
代替肥料の出現で昭和20年頃消滅した
  水田地帯
水田地帯

区画整理された水田に実る稲穂
(成田市八代地先)
 
 
 


※写真出典:「モク取り」は「湿地の文化、再生 印旛沼から」(白鳥孝治)その他(鹿島川の写真を除く)は「印旛沼ものがたり−あの日あのとき−」(水資源開発公団千葉用水総合管理所)


第2期行動計画策定特設ページ
 健全化計画・行動計画
 パブリックコメント
 市民意見交換会
 印旛沼環境基金公開講座

本サイトについて

ご意見

用語解説

リンク集

サイトマップ
↑ページトップへ